予備校講師を辞めて自分は社会不適合者だと思った

予備校講師を辞めて1年経って自分は社会不適合者だと思った

1373 回閲覧されました

みなさんこんにちは、jonioです。

私は2022年の3月いっぱいで予備校講師を辞めました。

正確に言うと2021年から他の職種の仕事も同時にしていて2022年の3月いっぱいで他の職種に完全に移行した形です。

 

仕事をしてもすぐに嫌になる

2022年2月から他の職種の仕事で契約社員になったのですが働いて1ヶ月ちょっとで「全然楽しくないしやりがいがないな〜」と思いました。

予備校講師って色んな予備校を掛け持ちして働くので気分転換になりますが他の職種はそうではないので同じ景色をずっと見る事になります。

これが相当辛い、、

これだけならいいのですが従業員に対して理不尽な発言をする会社が世の中かなり多いと思いました。

私はWEBサイトを制作する職種に移動したのですが酷い目に遭いました。

初めて働いた所は従業員がほとんど女性で学生みたいなつまらない嫌がらせをさせるのと最初の働く日数は2日だけど徐々に増やしていくと言ったにも関わらずずーっと2日のままで「騙された」と思って1年位で辞めました。

次のWEBサイトを制作する会社に所属したら面接で「営業をして仕事を取ってくる」と言ってたのに実際は嘘で営業しないから仕事がない状態が続いて辞めないといけない状況になって約半年で辞めました。

また他のWEBサイトを制作する会社に所属したらそこはもっと酷くて理不尽にブチ切れられたり仕事のやり方の方針が勝手にコロコロ変わっていて約4ヶ月で2回鬱みたいな状態になって辞めました。

 

自分は社会不適合者だと悟った

3つの会社を辞めた時点で2022年の12月末日です。

薄々思っていたのですが予備校講師は予備校運営からキレられたり理不尽すぎる事を言われる事があまりなく契約更新の時に契約を切られるので理不尽な事を言われたりキレられたりなどの嫌な事に対する耐性があまりありません。

それでなくても自分的の中で予備校に対して不満があったら自分から辞めるから逃げ癖が付きやすい職種です。

色んな職業を経験してから予備校講師をしている人は多少耐性はあると思いますが私は学生の時から予備校業界に入ったので耐性がほぼないです。

自分はずーっと常識あるまともな人間だと思っていたのですがそれは大きな間違いだと思いました。

嫌な事がちょっとでもあるとそれに意識が行って「辞めたいな〜」と思う逃げ癖が付いている事に気がつきました。

 

2023年の仕事

「WEBサイトを制作する仕事をこのまま続けると自分が壊れてしまう」と思ったのでWEBサイトを制作する仕事は辞めて他の職種に移動する事にしました。

そして現在リサイクルショップで働いていますが自分を社会適合者になるのと去年までの自分の死んだ心を回復させようとしています。

予備校講師は一回の授業の給料がそれなりに高くて授業だけをしてればいいですがその代償として社会に適合できなくなっていました。

私は12年近く予備校講師をしていましたが30年とかやっている人はもう他の職種の仕事に適合するのは無理だと思いました。

今更ですが予備校講師をするべきではなかったと後悔しています。

2023年は少しでも社会適合者に近づける様になりたいと思います。