体験談。熊本大学での清掃のバイトが色々面倒だった話

体験談。熊本大学での清掃のバイトが色々面倒だった話

569 回閲覧されました

皆さんこんにちは、jonioです。

私は高校でボロカスに勉強させられて大学受験に失敗して高校を卒業してから鬱になりました。

何とか回復して大学に入る気になったのでバイトをしながら受験勉強をしたのですが初めてのバイトは熊本大学の清掃のバイトでした。

初めてのバイトだったので未だに当時の事を覚えているので今回はその時の仕事の話をします。

2001年の話です。

 

胡散臭い主任

今はどうか分かりませんが当時の熊本大学は癒着にならない様に1年ごとに大学を清掃する清掃会社を変えていて熊本市にある吉田産業が清掃を担当していた時に私は4月から10月まで働きました。

吉田産業の主任と社員の人がいてその人が責任者でした。

主任は感じが良さそうだけどなーんか裏がありそうな雰囲気をぷんぷん出していました。

こんな時は大人しくして主任がどんな人なのかを観察しようと思いました。

 

主任は性格が悪い

現場は60代位のおばあちゃんばっかりで当時21歳の私は主任以外からは孫の様に扱われていました。

責任者の人は表向きは感じがいいけどおばあちゃん達がいない所で陰口をめっちゃ言ってました。

またターゲットにした人をイジメに近い感じの口撃をしていて私の後に入った20代の女性とおばあちゃんが仕事に来なくなって辞めました。

みんな持ち場があるのでそれぞれの担当の所で仕事をしていましたが責任者と私はなぜか一緒に仕事をしていました。

責任者は私の陰口も結構言ってるのを他の人から聞いたのですが「性格悪いな〜」と思いました。

 

主任は給料をごまかす

そこの会社はなぜか主任が働いた時間を勤務表に記入していました。

働いた2ヶ月目に給料が違う事に気がつきました。

私は何時間働いたかを把握していたので主任に言ったら誤魔化されました。

「こいつ絶対にごまかしてる」と判断して会社に直接連絡して主任がごまかしている事が発覚しました。

それからもちょくちょくごまかすから我慢ができなくなって10月いっぱいで辞めてクロネコヤマトの短期バイトをしました。

今思えば勤務表を主任が記入する制度がありえないですよね。

 

失踪した社員

1人だけおじいちゃんのバイトがいてみんなとは距離を置いている感じでした。

「変わった人だな〜」と思いつつ週に1日留学生用の寮で一緒に仕事をしていましたがある日から他の人と寮の清掃になったので「いつものおじいちゃんはどうしたんですか?」と聞いたら失踪したと教えて貰いました。

多額の借金がある人で会社から給料の前倒しを頼んで働いていたみたいです。

多分借金でクビが回らなくなって逃げたのでしょう。

この人と1回だけ体育館の女子更衣室の清掃をしないといけなくて渋々更衣室の清掃をしていたら授業が終わった生徒が戻ってきて変質者扱いをされるところでした。

生徒の顔を見たら逮捕されると思ったのでずっと下を見て更衣室の外に出ました。

 

清掃のバイトは臭い仕事

清掃のバイトは夏がめっちゃ汗をかきます。

「あの人臭くない?」みたいな感じで学生からの視線が痛いです。

仕事が終わったらそのままの格好で予備校に行くので予備校の人から「臭い」と言われたのでなるべく近づかないようにしていました。

 

今思うと訳が分からない仕事

給料を誤魔化されたり責任者の人間性が悪いと職場環境が悪くなるので初めてしたバイトとして最悪だったと思います。

私が働いていた時は20代が最大3人いましたが20代はよっぽどの理由がない限りしない方がいい仕事だと思いました。