初心者向け。Laravelでテーブルのカラムを削除する方法

1093 回閲覧されました

みなさんこんにちは、jonioです。

今回はテーブルに作ったカラムを削除する方法を解説します。

 

削除するカラム

↓の「url-slug」カラムを削除します。

 

“doctrine/dbal” パッケージの追加

ターミナルで↓のコマンドを入力します。

 

カラムを削除するマイグレーションファイルの作成

worksテーブルのurl-slugカラムを削除するので↓のコマンドを入力します。

↑の「url-slug」が削除するカラム名で「works」がテーブル名です。

マイグレーションファイルが作成されるのでカラムを削除する為の記述をします。

 

カラムを削除する為の記述

マイグレーションファイルに↓の記述をします。

17行目の「url-slug」が追加するカラム名です。

29行目はカラムを追加する為のマイグレーションファイルで記述した内容をそのまま書きます。

私はurl-slugカラムを追加する時に「$table->string(‘url-slug’)->unique();」と書いたのでそれを29行目に書いています。

記述が終わったら「php artisan migrate」をするとテーブルから「title-slug」カラムがなくなっているのを確認できます。