学内予備校の授業で酷い目に遭った話

学内予備校の授業で酷い目に遭った話

116 回閲覧されました

みなさんこんにちは、元予備校講師のいさじです。

今回の話は私が予備校講師になって辺りで授業していた学内予備校の話です。

学内予備校は高校が予備校に依頼して土曜日とかの高校の授業のない日に高校で予備校講師が授業をする事です。

ざっくり言うと出前授業です。

依頼する高校の学力ですがピンキリで私が所属していた所は酷い高校の集まりでした。

今回の話は今から8年位前で昔なので今は学校の雰囲気自体が違うかもしれないので今も同じとは思わない方がいいです。

 

生徒が人間に見えなくなる

大阪商業大学高等学校で授業をした時の事です。

学級崩壊しているクラスだったと思うのですが生徒が話を何も聞かなくて授業が成立していませんでした。

他のクラスの若い先生が授業見学に来ているのにわーわー騒いでいました。

多分普段の授業もこんな感じなので先生達から見捨てられている感じがしました。

学校の先生と授業のやり方について話すと「それでお願いします」と言って全部丸投げでどうでもよさそうです。

生徒に何を言っても聞かないし派遣元の予備校は講師に全部丸投げして高校と講師の間の橋渡しをしなかったので私は50分授業の内5分授業をして45分は放ったらかしにしました。

これで成立するってヤバくないですか?

学校側からクレームを言われたらその時点で辞めるつもりでした。

私は話を聞かない生徒は流すのでまだいい方ですが真に受ける他の先生が授業をしていた時は教室の後ろでラグビーの練習をしていて精神的にやられて教室で倒れたそうです。

意味がない授業でクレームが一切ないから私はお金を貰う為に行ってる感覚でしたが学校側が何も知らないのと予備校が放ったらかしだから成立するのでしょう。

言っても何も聞かない生徒達が人間に見えなくてそこは5回とかしか授業がなかったので助かりました。

継続でずっと授業があったら私は辞めています。

 

高校3年の理系なのに中学校の方程式が解けない

堺市立堺高校で授業をしていた時の話です。

大阪商業大学高等学校みたいな訳が分からない感じはないけどやっぱり人の話を聞かない割に教科書の内容を一切知らない。

授業に来なくていいと言っても来るのですが何を考えているのでしょう?

高校3年なのに中学の内容を知らない異常な状態で高校の学内予備校の担当者に状況を伝えても何にも変わりません。

私の話を聞いてそれで終わりなので私はそこの契約が切れるまで働いたけど契約が切れてからは全ての学内予備校の授業は契約しませんでした。

 

掌を返す進路指導の教員

奈良県の青翔高校で授業をしていた時の話です。

授業を受けていた生徒がその学校には見合ってない(偏差値が高い)大学に受かり進路指導の責任者からお礼を言われました。

そしてその次の週訳が分からない事を言ってクレームを付けてきたので流石に私はキレました。(態度には出してないですが)

進路指導の責任者は生徒の嘘の発言を魔に受けて私にクレームを出したのですが見事な掌返しでした。

「高校の紹介用の私の授業の風景動画を撮るとか協力させる割に言いがかりを付けるんだ」と思いブチ切れました。

そして私は授業の帰りにそこの授業を辞退する連絡を派遣元の予備校にしました。

 

学内予備校は高校の建前

学内予備校はわざわざ予備校の講師を呼ぶので生徒の大学への進学率を上げるのが本来の目的です。

そう思っている高校は多いはずですが一部の高校(多分入学時の偏差値が40かの低過ぎる所ほど)は生徒を集める為に建前として学内予備校を設けている可能性があります。

大阪で授業をしていましたが大阪は高校が多すぎて生徒を何とかして集めないといけないからやっていたのでしょう。

私はですが学内予備校はつくづく時間の無駄だったと思います

お金を得るために嫌な思いをして授業しないといけないのが嫌で仕方が無かったです。

子供が減って予備校の授業が減り収入が減ってるからしょうがなく学内予備校をする講師もいますがかわいそうだと思いました。

予備校講師が授業するからには成績が上がる授業をしないといけないのにそうではなくて生徒のお守りをするだけですから。