v-bindディレクティブのクラスに対する使い方 | Vueは友達