よく見かけるNode.js・npm・npx・yarnが何かをまとめた

よく見かけるNode.js・npm・npx・yarnが何かをまとめた

みなさんこんにちは、WEB制作のエンジニアのjonioです。

プログラミングをやってると頻繁に「Node.jsをインストールして」って言葉が出てきていて私は何となくインストールしていましたが「そもそもNode.jsって何だろう?」と思ったのでNode.jsについてまとめました。

 

JavaScriptができる事とできない事

Node.jsを知る前にJavaScriptができる事について知っておかないといけません。

JavaScriptはパソコンの画面上で見えている物に対して画面をスクロールしたら表示させるとかクリックしたら表示を変えるとかの操作を行う事ができ見た目に対する操作ができます。

しかしログインやお問い合わせフォームなどの機能を作る事ができません。

システムの部分には介入ができないようになっています。

 

Node.jsの役割

だからJavaScriptだとシステムに介入できないのですが部分的に介入できるようにするのがNode.jsです。

だからNode.jsはシステムに介入できるようにする環境の事です。

 

Node.jsは用途が増えている

Node.jsは今説明した通りJavaScriptをシステムに部分的に介入できるようにするのに使われましたが今は見た目を操作する言語(React.js・Vue.jsなど)にも使われています。

ここまでがNode.jsの説明でここからは関係があるnpmの説明です。

 

npmとは

node package managerの略です。

「npm install」とかよく見ますがnpmはNode.jsのパッケージ管理ツールで「npm init」で作成できるpackage.jsonに書いてあるパッケージの管理を「npm 〜」でします。

パッケージとは設定ファイルや実行ファイルが集まった物(お菓子の詰め合わせみたいな物)です。

package.jsonに記載があるパッケージしか管理できないので「npm package.jsonにないパッケージ」としてもエラーになります。

Node.jsをインストールすると一緒にnpmもインストールされます。

npmと同じくらい見かけるのがyarn・npxですがそれも併せて見ていきます。

 

npxとは

node package executerの略でパッケージの実行ツールです。

npmとの違いはインストールされてないパッケージでも自動的に探してインストールして実行してインストールしたパッケージの削除をします。

package.jsonに記載がないパッケージでも勝手にインストールして実行してくれるのはありがたいですが何のパッケージをインストールしているのかがpackage.jsonで分かるnpmの方が扱いやすい気がします。

 

yarnとは

npmと同じくパッケージ管理ツールでpackage.jsonが使えます。

だから「npm〜」と「yarn〜」のどちらでも同じ内容のインストールができます。

npmとの違いはインストールが速く場合によってはnpmの半分の速さになる場合もあります。

といった感じです。

初心者ほどとりあえずコマンドを使うと思いますが慣れたら「このコマンドは何をするためにあるんだろう?」と考えるとプログラミングが楽しくなると思います。