初心者向け。Laravel8でTailwindCSSを簡単に導入する方法

初心者向け。Laravel8でTailwindCSSを簡単に導入する方法

みなさんこんにちは、WEB制作のエンジニアのjonioです。

Breezeでログイン画面を作っていたのですが画面崩れをしていました。

Laravelはバージョンが8からBootstrapではなくTailwindCSSになったので画面崩れをなくすためにTailwindCSSを導入しました。

今回は導入方法の解説の記事になります。

それでは説明します。

 

TailwindCSS関連のライブラリのインストール

ターミナルでLaravelのプロジェクトに移動します。

Laravelプロジェクトの直下にあるpackage.jsonの内容をインストールします。

そしてTailwindCSS関連のライブラリをインストールします。

 

TailwindCSSの設定ファイルの作成

TailwindCSSの設定ファイルであるtailwind.config.jsを作成します。

Laravelプロジェクトの直下に作成されるので編集します。

 

LaravelMixを修正

Laravelプロジェクトの直下にあるwebpack.mix.jsを編集します。

 

TailwindCSSの読み込み

「Laravelプロジェクト > resources > css > app.css」の修正をします。

 

〜blade.phpでTailwindCSSの読み込み

TailwindCSSを使いたいページのheadタグに「<script src=”{{ asset(‘js/app.js’) }}” defer></script>」を追記します。

ログインページは「Laravelプロジェクト > resources > views > layouts > guest.blade.php」でログインした後のページは「Laravelプロジェクト > resources > views > layouts > app.blade.php」なのでheadタグに追記してください。

 

これでログインページが↓になります。

またログインしてから表示するページは↓になります。

これで完成です。