秘密鍵を使ったSSH接続で「WARNING: UNPROTECTED PRIVATE KEY FILE!」と表示された時の対処法

秘密鍵を使ったSSH接続で「WARNING: UNPROTECTED PRIVATE KEY FILE!」と表示された時の対処法

480 回閲覧されました

みなさんこんにちは、jonioです。

Laravelで作ったアプリをxserverで公開しようとした時にssh接続をしようとしたら「WARNING: UNPROTECTED PRIVATE KEY FILE!」と表示されました。

この時に「Permission denied (publickey,gssapi-keyex,gssapi-with-mic)」で検索すると対処法が色々と見つかりそれをやっても上手くいきませんが簡単に解決できるので解決方法を解説します。

今回使っている言語はLaravelですが他の言語でもxserverを使っている場合は対応できると思います。

 

対応サーバー

xserverです。

 

使用しているパソコン

Macです。

 

今回の原因

ssh接続用の秘密鍵をダウンロードして「user名 / .ssh」の下に置きますが秘密鍵はダウンロードした時点ではssh接続に使う事ができない権限になっているので権限を変えます。

 

権限の変更

ターミナルで秘密鍵がある所に移動します。

私はuserの直下に置いておいたのでuserまで移動しました。

そして↓のコマンドを叩きます。

そして「id_rsa」を「user名 > .ssh」の直下に置きます。

そしてssh接続をすればエラーはなくなると思います。