Laravelでバリデーションエラーに引っかかった場合の表示

144 回閲覧されました

みなさんこんにちは、jonioです。

今回はLaravelでバリデーションエラーに引っかかった場合の表示方法について解説します。

 

バリデーションエラーはこういう表示

入力内容が正しくない時に画面上部に表示されるやつです。(↓の赤枠)

↑の赤枠の文章を表示するには「$errors->any()」を使います。

これはエラーが1つでもある場合に使う事ができます。

具体的な書き方は下記になります。

3行目にエラーの内容を表示する為のコードを書きます。

 

エラーの表示

今回は全てのバリデーションエラーを表示しますが「$errors->all()」を使います。

具体的な書き方は↓です。

3行目の「$errors」は連想配列になるのでforeachを使って表示します。