何浪しても私立医学部に絶対に受からない人の特徴

何浪しても私立医学部に絶対に受からない人の特徴

みなさんこんにちは、元予備校講師です。

私立医学部ですが近年異常に人気があります。

以前は親が医師なので子供も意思になるという流れだったのですが今は親が会社の社長だったり裕福な家庭の子供も医学部に行こうとします。

医学部じゃない学部は受験勉強開始の能力が低くても勉強を頑張れば能力を上げて大学に入ることはできますが医学部は能力的に受かる人が決まっている印象です。

大学受験の業界に約11年半いましたが4月から授業が始まって6月には受かる可能性があるか受からないか分かります

受からない人は何浪しても私立医学部には一生受からないから受験自体してはいけないしその人はそもそも私立医学部は向いてないので別の道を考えないといけません。

受験勉強の時間が人生的に無駄になります。

過去の生徒で非正規ルートから大学に入った人もいますが能力的に絶対に卒業できません。

私が講師をしていた時に受け持っていた生徒で受かる事がなかった人の特徴を説明しますが当てはまっていたら医学部の受験は諦めた方がいいと思います。

 

5浪以上の場合

このタイプの私の生徒はみんな共通している特徴があります。

私も浪人したので浪人が辛いのは分かりますが4浪目辺りから予備校に授業を受けに来たり来なかったりします。

そして家にずーっと引きこもりになったりちょっと勉強してまた引きこもりになります。

ヘラヘラしていたりいきなり怒り出したりと精神不安定になっていました。

 

同じ間違いを何度しても危機感がない

同じ間違いを何度もしても浪人が続いているせいか同じ間違いをすることに対する危機感がまったくありません

「危機感がない」のは大学に入りたいという意思がないです。

これを生徒に言うと生徒は「危機感はあります」と怒りますが私の経験上大学に入ろうという意思を感じません。

 

同じことがいつまで経ってもできない

春に説明をして夏、秋、冬になってもずーっとできないです。

学習能力がないのか危機感がないのか分からないですが同じことを何度も間違えます。

私が「前に説明しましたよね?」と言っても生徒は「えっ?」という顔をします。

同じことを何度も間違うと普通は不安な顔をするのですがこのタイプの生徒は真顔です。

解き方を覚える時ですが私は2タイプに分かれると思っています。

  • 理解すれば覚えられる(賢い人に多い)
  • 理解しても覚えようと努力をしないと覚えることができない(私も含め多くの人)

しかし同じ間違いをずっとする人は2タイプのどっちにも属さず覚えること自体ができません。

つまり勉強の能力自体が低過ぎるんです。

 

書く字が汚すぎる

字が汚なすぎて何を書いているのか読めないから何度も注意するけど一切変わらなく受験前になっても同じです。

これは意思があれば変えることができるはずですがなぜか変えません。

私立医学部の入試は字が汚いと採点自体されない可能性があると言っても字の汚さを修正しようとしません。

 

計算能力が低すぎる

計算能力に関してですが私の経験上小さい頃から計算ドリルを親からさせられていた生徒は計算力が高いです。

そういうのをまったくしていない生徒で計算能力が高い場合はいいのですが低い場合は私立医学部は受かってません

能力が低いからだと思いますが計算問題をいっぱいさせても計算力が上がりません

私が医学部受験の仕事を始めた時辺りは「計算をいっぱいさせればその内計算能力は上がる」と思って計算をいっぱいさせていました。

ですが生徒の計算能力は変わらなかったので今は特に言いません。

私立医学部は2点とかで正規合格、補欠合格が分かれて計算力がない人が合格点を取れるとは思えません。

 

学習意欲が低い

「以前他の所で習ったことがあります」と授業内容に興味がない感じの目をしたり発言する時があります。

「それが成績が伸びない原因の1つなのに」と思って生徒に言っても生徒は相変わらず同じです。

親から無理に医学部に行かされようとして受験勉強に興味がないのだと思います。

こういう生徒は6浪した辺りで親が妥協して他の学部に行かせます。

親が馬鹿だから悪いのですが生徒がかわいそうです。

こういう場合の親は「うちの子供は能力があるはずです」みたいに言う場合が多く「子供に勉強を押し付けて何も分かってないんだな〜」と思います。

「何浪しても受かりませんよ」と私は思います。

こういう状態なので成績は受験を始めた辺りからずーっと変わっていないけど「次の年こそは」と思って勉強する人がいますが予備校の金銭的養分になって同じことの繰返しで受かりません。

こういう生徒で過去に◯◯で大学に入った人もいますが大学の先輩たちから「あいつは卒業できない」と言われているらしいです。

 

4月から眠そうに授業を受ける生徒

1浪目で行った予備校が合わなくて途中で他に移ってどこにも受からなくて2浪目に突入した生徒がいました。

4月の誰でもやる気がある時期に授業中に眠くなる人で受かる生徒はいません。

2浪目なのにプレッシャーが全くなく相変わらずマイペースにゆーっくり勉強していて「そのやり方ではいつまで経っても受からない」と生徒に言っても変化がありません。

説明したことがある問題が解けなくても気にしてないし休み時間は頻繁にスマホのゲームをしてました。

そしてどこにも受からなくて他の予備校に行きましたが医学部には行ってないはずです。

私が受からないと思うポイントは「4月の時点で眠くなる」です。

原因は1浪目からだらだら勉強していたからでよっぽどやる気がでない限り2浪目で受かるとは思えません。

 

3浪目で大した実力もないのに自分のことを凄い人みたいに思っている生徒

自分をすごく賢く見せようとしていましたがこういう人は大人であろうと大したことがないです。

「分からない」と言えばいいのに「失念した」とか難しい言葉を使ったり「この解き方は3流の解き方」とか訳が分からないことを言ってました。

受験が始まる前の3月でこういう感じだったのでで受からないのは分かっていましたが↓な人でした。

 

授業する側の言うことを聞き入れない

自分の考え方が強いのか授業をする人の言ってることを聞き入れないので自分の解き方の改善がされず悪いままで難しい問題になると対応できなくなります。

問題を解けないことに対して言い訳をする印象ですが当然ですが入試で合格点が取れないです。

 

わがまますぎる

「授業はこういう風にしてください」と無茶を言う生徒が時々いますがまあ成績が伸びません。

悪いやり方なのに生徒はそれを望んでいます。

それが生徒は分からないですが講師は分かるので「それでは受験はうまく行かないですよ」と言っても生徒は話を聞かなく受験に失敗します。

休み時間なのに「その時間も授業をしてください」と無茶を言う生徒もいました。

人のことを全く考えなく自分さえ良ければいいのでしょう。

まだまだいろんな癖がある生徒がいましたがここでやめておきます。

 

浪人すれば大学に入れると思うのは大きな間違い

医学部の場合は浪人すれば受かると言うわけではありません。

私が大学受験の業界に入った時は頑張れば受かると思っていましたが授業をするにつれて「選ばれた人が受かる学部」と思うようになりました。

私が思っているだけですが必死で勉強をして成績が伸びないなら言い方が可哀想ですがその人は医学部受験が向いてないんだと思います。