WEBサイトを一から作るための解説ブログ

あなたが初めてサイトを作るための解説をします

wordpressでサイトを作る解説7回目、404とアーカイブとカテゴリー

wordpressでサイトを作る解説7回目、404とアーカイブとカテゴリー

7回目の解説の目標

7回目の解説の目標は404 Not Foundとアーカイブページとカテゴリーページの作成です。

 

404 Not Foundの実装

これは何かというとサイトのURLの所に適当に入力します、↓にしたとします。

 

サイトに存在しないURLを入力した場合↓の画面に切り替わります、「入力したページは存在しませんよ」という警告みたいな物です。

ちなみに今の状態で存在しないURLを入力すると↓になります。

 

それでは実装していきますがコーディングデータが入っているフォルダの中に404.htmlがあるので404.phpに変えて下さい。

そして<?php get_header();?>と<?php get_footer();?>を作って下さい。

そして65行目のhref=”#”の「#」を<?php echo esc_url(home_url()); ?>にして下さい。

解答のコードは↓です。

 

これで存在しないURLを入力すると404 Not Foundのページが表示されます。

 

カテゴリーページとアーカイブページの作成

トップページの右下にあるカテゴリーをクリックして下さい。

「2020年7月」か「ニュースリリース」をクリックして下さい

 

「2020年7月」をクリックすると↓になります。

 

ちゃんと表示されていますがアーカイブのページが表示されていません。

プラグインを使ってどのファイルが表示されているかを調べます。

Show Current Templateを追加して有効にして下さい。

そしてもう一度トップページに戻り「2020年7月」をクリックすると画面上にどのファイルが表示されているかが分かります。

今表示されているページは赤枠の中に書いてあるファイルが読み込まれています

 

これが読み込まれた理由ですがwordpressのファイルはテンプレートと言いファイルが読み込まれる優先順位があります。(これをテンプレート階層と言います)

テンプレート階層はcodexを見た方がいいです。

index.phpが一番最後に読み込まれますが今はカテゴリーのページとアーカイブのページがないのでindex.phpが読み込まれています。

テンプレート階層はひとまず「そんなもんか」と思ってwordpressでサイトを作るのに慣れてから意識すればいいです。

カテゴリーのページとアーカイブのページがないので作ります。

コーディングデータがあるフォルダの中にcategory.htmlがあるのでcategory.phpに変えます。

<?php get_header();?>と<?php get_sidebar();?>と<?php get_footer();?>とパンくずリストとループとページネーションを作って下さい。

やり方は今までで説明しているので省きます、最後に答えのコードを載せます。

コードの中に「カテゴリー」と書いてある所があるのですが↓に変えて下さい。

 

コードを書き終わったらトップページからカテゴリーをクリックして下さい、↓になったら大丈夫です。

テンプレートがcategory.phpになっているかの確認をして下さい

 

category.phpのコードは↓です。

 

次はアーカイブを表示するテンプレートです。

コーディングデータが入っているフォルダの中にarchive.htmlはないのでarchive.phpを作ってcategory.phpの中身をそのままコピペして下さい。

コピペしたらカテゴリーを表示していた記述を↓に変えて下さい。

 

そしてトップページに戻ってアーカイブのページに入ってアーカイブの表示がされているかとテンプレートがarchive.phpになっているかの確認をして下さい。

ちゃんと表示されていたら7回目の解説は終わりです、ここまで記事を読んでくれてありがとうございました。